笑える日が来ると信じてやってきた。一生懸命やればいいことあるんだと思った。


照ノ富士が、30場所ぶりとなる2度目の優勝を飾り、師匠である伊勢ケ浜親方(審判部長)から優勝旗を受け取るという感動的なシーンをTVは見せてくれた。


・・・・・続きはこちら

4回の閲覧

© TSB-Project

  • Facebookの社会的なアイコン

Presented by TSB-Project