“日本型経営大手企業”サラリーマンが満員電車に揺られて会社に足を運び続ける訳(その2)


“メンバーシップ型雇用”は、仕事内容が曖昧なまま採用されて、勤務内容も勤務地も勤務時間も“会社都合”に合わせて働くというものだ。

特定業務のスペシャリストを育成するのではなく、中途半端なゼネラリスト(市場価値が低い“会社内人間”)を大量生産していく。


・・・・続きはこちら

2回の閲覧

© TSB-Project

  • Facebookの社会的なアイコン

Presented by TSB-Project