コロナショックでニート化した【いい年をしたオッサン】のボヤキ(その2)

最終更新: 2020年4月3日




新型コロナウイルスの感染拡大で、国内での感染者は、2000人を突破しそうな勢いです。

この週末の「外出自粛」~「非常事態宣言」が発令される可能性も否めない状況です。

経済への影響が、東日本大震災やリーマン・ショック以上と言われ始めたコロナショックは、特に『飲食店』 『個人商店』 『個人事業主(フリーランス)』 には大打撃。


イベントの自粛、外出自粛や、企業の歓送迎会の自粛によって、収入は激減して、死活問題だ。

私も、飲食店・ライブハウスとタイアップしたイベント企画・運営と、勉強会・セミナーの講師を行っているフリーランスの一人だ。


おかげさまで、2月末から3月の全てのイベントは中止になり、【 フリーランス 】⇒【 ニート 】に出世した(笑)。

アーティスト(音楽・アート・ファッション等)のプロモーション活動も行っているが、今の世の中の【空気感】では、4月に開催予定していたイベントも中止。

セミナーや勉強会も、大企業の偉い方から


『 こんなご時世ですから、一旦白紙ということで 』


という、ご丁寧なお断りまで頂いて、5月以降のイベントも先が見えない。

もう、笑うしかない(笑)。


~♬ ジタバタするなよ! ♬ (シブがき隊)~


と、つい口ずさんでいる。

(若い人は知らないかもしれないが。)

“ 急に訪れた休暇 ”と考え方を変えて、


『今の自分にできる支援や手伝い』 を行うことにした。


東日本大震災当時に、先輩が教えてくれたフレーズを思い出したからだ。

“ カッコつけないで 

自分ができる何かを 

毎日 頑張ってりゃいいさ ”

≪ 東日本大震災当時のFacebookの投稿 ≫

 ⇓   ⇓   ⇓   ⇓   ⇓


馴染みの店&独立していった仲間たちの店を訪ねる

『ありがとうございます!わざわざ来てくれたんですね。嬉しいです!』

と喜んでくれた。

しかし、店内を見渡しても、小生以外のお客さんが2~3組程度しかいない。

『御覧の通り “暇” ですよ。ハハハ(笑)』

テナント料や光熱費、スタッフの人件費などの固定費は、客の入りとは関係なく必要だ。


『ディナーは、当日飛び込みでお客様が来た時に、ちゃんとお迎えしなければいけないので、新鮮な食材を仕入れ、仕込みも必要です。

でも、この状態(前日はランチ3組で、ディナーは0)が続けば、ヤバいですね。』


という、悲痛な声だ。


そして、食材の生産者(市場も含む)も、落ち込む売れ行きに苦悩しているそうだ。


“つぼ八”のTwitter投稿

 ⇓   ⇓   ⇓   ⇓   ⇓


元気に頑張っている人々の笑顔を届ける 

プロ写真家にお願いして、商店街で働いている人々の元気な姿の写真を撮りに行った。


「写真撮っていい?」


『え?美人に撮ってよ(笑)』


「コロナに負けないで、頑張っている人の笑顔を多くの人に届けたいんだ」


『いいね!協力するよ。“コロナに負けないぞ!”』

自宅に戻り、突貫工事でサンプル動画を作って、翌日、協力してくれた商店街の人々に、L版写真を届けた。

『ありがとう!上手!流石プロの写真家だね』

『早いね!ありがとう!もっと元気に頑張れるわ!』

逆に、私の方が“笑顔”と“元気”をもらえた。

≪ 突貫工事で作ったサンプル動画 ≫