タバコと時間泥棒は大嫌い

私の嫌いなモノ2Topは、【タバコ】と【時間泥棒】だ。



【 タバコ 】


と言っても、若い頃には【タバコ】を吸っていた。

Rockを愛しているので【タバコ】はファッションの一部であったのだろう。


実は、格好悪いロックンローラーで、“煙”と“臭い”が好きじゃなかった(笑)

体調を壊した時を境にして【タバコ】が不味く感じるようになり、簡単にやめることができた。


友人に【タバコ】を勧められて吸った“夢”を見て飛び起きたという経験をしたが、禁断症状のようなものはなかった。


今では、【タバコ】の“煙”と“臭い”で頭が痛くなり、不快な気分になる。

自分の衣服が【タバコ臭い】状態は最悪で、常に携帯用の“消臭剤”を持ち歩いている。


私の飲食店を選ぶ第一条件は “ 禁煙 ” だ。

せっかく美味しいものを頂いているのに【タバコの“煙”&“臭い”】は全てを台無しにしてしまう。


趣味や嗜好は強要するものでなく、自分だけorそれが好きな仲間と楽しむものだ。


自分の嗜好として【タバコ】を愛するのなら、“他人への配慮・気遣い”があって然るべき。


従って、公共の場は【禁煙】がグローバルスタンダード。


しかしながら『歩行喫煙』『タバコのポイ捨て』堂々と行う人が多すぎる。


この【喫煙者】は、自分の家・自分の部屋の前で『タバコのポイ捨て』されても怒らないのだろうか?



【 時間泥棒 】


私はよっぽどのことがない限り、スマホに着信があっても出ない。


この【いきなり電話】をしてくる人間は、他人の時間を奪う【時間泥棒】の典型だ。


突然かかってくる電話にいちいち応対していたら、自分の仕事が中断されて、リズムが崩れるし、仕事のジャマをされているようなもの。


メールやLINEをもらえれば一瞬でわかるような用事でダラダラ電話されれば、貴重な時間が奪われ、とにかく腹立たしい。


私は【 いきなり電話をしてくる人とは仕事をしない 】と決めている。


“いきなり電話”は【時間泥棒】以外の何物ではないので、撲滅運動を推進していきたい。

(“運動”?ではないね。「電話をしてくる人とは仕事をしない」のだから(笑))


サラリーマン時代の【定例の報告会議】と【上司や同僚との付き合いの飲み会】は、典型的な【他人の時間】だ。


資料を読み上げるだけか?『私は仕事しています!』という上司に対するアピール&アリバイ作りにすぎない。


みんな集まって、時間をドブに捨てている。ホリエモン流に言うと【 集団自殺 】だ。


私は、この【定例の報告会議】に、不参加を続けたが、参加しなかったからといって、困ったことは全く無かった。


【上司や同僚との付き合いの飲み会】は、ほとんど顔を出さなかった。


『上司の自慢話を聞くのが苦痛』

『喫煙者と同じ空間にいたくない』

という理由もあるが、


本音も言えなくて、上司の顔色を窺っている人々と飲食していても、全く面白くない。

そもそも、自分の足を引っ張ってくるような人間と付き合っている暇はない。


【時間の無駄】

【金の無駄】


としか思えなかった。


会社の付き合い飲み会に参加しないことで


『協調性がない』

『付き合いが悪い』

という会社内での悪評になっていたのだろうが、会社以外の人と多く付き合う【自分時間】の方が得るものが多かった。



先日、前職時代にお世話になった代理店の社長から飲み会に誘われた。


焼鳥屋で集合し、懐かしい話で盛り上がった後、2件目に場末の社長行きつけのスナックに連れていかれた。


カウンターに10人座れるだけの店、先客が4人。私以外全員が喫煙者(ママも含む)だった。


常時誰かが必ず喫煙しているので、スナックの中は火事現場のように煙った状態だ。


さらに、この最悪の環境で、上手くもない演歌を聴かされ、さらに、酔っぱらった社長からは【“恨み節”でしかない他人の悪口】で絡まれる始末だ。


【タバコ】と【時間泥棒】という大嫌い2トップが存在するこの場は、私にとっては“地獄”でしかなかった。


この社長と今後付き合うことはないだろう。


“金の切れ目が縁の切れ目”ではなく、“タバコの煙が縁の切れ目”。

52回の閲覧

© TSB-Project

  • Facebookの社会的なアイコン

Presented by TSB-Project