“オープンイノベーション”が中小企業の生き残り策(その6) ~“よそ者”は“よそ者”でなければならない~


イノベーションの源泉の1つは「“知”と“知”の組み合せ」である。


自社の既存のビジネスモデルという「“知”」に、“よそ者”が別事業で使っていた「別の“知”」を組み合わせて、新しいビジネスモデルや商品・サービスを生み出すのが手っ取り早いはずだ。


しかし、企業にはそれぞれの企業文化・風土があって“よそ者”が簡単に入り込めるものでない【空気】が存在している。


この【空気】によって、組織・チーム・職場の“モチベーション”を左右する。


・・・・・続きはこちら

6回の閲覧0件のコメント

© TSB-Project

  • Facebookの社会的なアイコン

Presented by TSB-Project