ある闘病中のピアノマンに捧ぐ


歌うたいは いつでも 孤独

歌いかける 相手を探し 心彷徨う 一人舞台

指馴染みの鍵盤が 孤独の世界の扉を開く


・・・続きはこちら

2回の閲覧0件のコメント